湘南美容外科那覇院のドクター紹介

ドクター紹介

村松 英俊 医師

村松 英俊 医師

私には美容外科医として幾つかの「使命」があります。

「形成外科専門医の美容外科医」として。
本来、美容外科は学問上は形成外科学の大きな柱の一つです。
私には形成外科学的根拠に基づいた正しい高度な美容医療をご提供させて頂くとともに、専門医の名に恥じないよう生涯に渡り研鑽を積み続けるという使命があります。

「SBCメディカルグループの学術責任者、技術指導医」として。
医師である以上、美容外科分野における新しい知見や有用な手技などを学会全体に共有する責務があります。

それは、美容外科クリニックを訪れる患者様の立場を考えても極めて有用ですし、美容外科医が学術活動にも力を入れることは、美容外科全体の不透明感を払拭し、医学界における美容外科医の地位向上に繋がるものと信じております。

われわれSBCメディカルグループは今や美容医療業界の最大手の一つと言われるようになりました。
私はグループ内の学術活動を牽引する責任者として、またグループ内医師の技術指導にあたる立場として、SBCを更に高度な知識と技術を持つ集団に高めていく使命があります。

前述のように高度な知識及び技術をもって、仙台および東北の皆様に最新且つ最良の美容医療を適正価格でご提供し続けるという使命があります。

些細なことでも難しいと思えることでも、何でもご相談下さいませ。
正しい知識に基づき、出来ること出来ないこと、適応があるのかないのか、全てご納得されるまでご説明させて頂きます。

その結果、残念ながら施術をお断りすることも時にはございます。
しかし私が施術をお引き受けした患者様に関しては、常に最高のパフォーマンスで結果を出せるよう注力することをお約束いたします。


経歴: 2002年 京都府立医科大学医学部卒業
京都府立医科大学附属病院外科(消化器・呼吸器・移植・乳腺・形成・麻酔)研修
2004年 昭和大学病院 形成外科員外助手
2005年 社会保険船橋中央病院 形成外科医員
2006年 秋田赤十字病院 形成外科医員
2007年 (財)脳神経疾患研究所附属総合南東北病院 形成外科医長
2008年 (医)将道会総合南東北病院 形成外科科長
2011年 湘南美容外科クリニック入職

備考: 美容外科専門医(JSAS)
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会会員
日本頭蓋顎顔面外科学会会員
日本マイクロサージャリー学会会員
日本抗加齢医学会会員
GID(性同一性障害)学会会員
日本静脈学会会員
医学博士
厚生労働省認定臨床研修指導医
新宿本院主任医長(技術指導医)
サーマクール認定医


   


美容外科専門医(JSAS)
後藤 龍学 医師
後藤 龍学 医師

美容医療において、カウンセリングは非常に大事です。
お客様の希望を十分にお聞きして、一人一人に合った最適な美容医療を提供して行きたいと思います。
カウンセリングの際には是非好きなタレントさんやモデルさんの写真や切り抜きをお持ちください。
理想の形に近づけるよう最大限に頑張ります。
また他院の修正治療も多く担当しています。
あきらめずにより良くなりたいと願うみなさんの思いをぶつけてください。
確かな知識と豊富な経験に基づいた施術をお約束しますので何でもお気軽にご相談下さいね。

※自分の悩みや要望を日本語でうまく伝えることが難しい中国人の方は中国語担当医師である私にご相談ください。

経歴: 2002年 大阪大学医学部卒業
大阪大学医学部付属病院 形成外科 ホ務
2003年 大阪警察病院 形成外科 勤務
2006年 Chang Gung Memorial Hospital
形成外科 勤務
大塚美容形成外科・歯科 美容外科 勤務
2009年 湘南美容外科クリニック 勤務

備考: 美容外科専門医(JSAS)

後藤ドクターってこんな人
尊敬する人 大学時代の恩師 イチロー 桜井和寿 松本人志
趣味 中国語 陶芸 温泉巡り 将棋 旅行
おすすめの本 パイロットフィッシュ 世界の中心で愛を叫ぶ 
ウォーレスの人魚 ジョジョの奇妙な冒険
血液型 O型

得意施術
鼻 鼻全般
二重・目 二重:クイックコスメティーク
豊胸手術 豊胸手術
若返り 若返り(糸)



福澤 見菜子 医師 福澤 見菜子 医師

美容医療の意義は、医学の力で外見の美しさを実現することで、内面の優れた部分を引き出すことだと考えます。
美しさを追い求める気持ちはとても自然なもので、少しでもきれいになった、若返ったという思いは、明るい笑顔や前向きな姿勢となり、より積極的に自分の本来の能力を発揮していくきっかけになります。

私は、患者様の悩みに対し、外科的アプローチも含め現代医学の手の尽きるところまで応えたいと思い美容外科医になりましたが、実際の治療の選択は、より負担の少ないものからすべきだと考えています。幅広い選択肢から適切な治療を採用し、その方にとって最小限の負担で最大限の効果が得られる医療を提供したいと思っています。

美容医療の流れは非常に早く、優れた新しい治療がつぎつぎと世に出る一方で、なかには必ずしも医学的な確証が得られていない段階で臨床化されてしまうものもあります。

医師として、正しい美容医療の普及と実現に貢献する事が、私のライフワークです。

慶應義塾大学医学部卒業
日本形成外科学会専門医

経歴: 2006年 慶應義塾大学医学部卒業
国家公務員共済組合連合会立川病院勤務
2007年 慶應義塾大学病院勤務
2008年 東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科入局
以後関連病院形成外科勤務
2012年 大塚美容形成外科 千葉院院長
2013年 湘南美容外科入職

備考: 日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会(JSAPS)正会員
日本抗加齢医学会 正会員
埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科 非常勤助教

 

pagetop